生保外交員向け相続相談員講座
一般の方へ 相続相談

メインメニュー
HOME ブログ › 平成27年の路線価が公開されました

ブログ : 2015年7月

平成27年の路線価が公開されました


本日、平成27年7月1日に平成27年分の路線価が公開されました。

この路線価は、毎年この時期に公開されており、

主に平成27年分の相続財産の土地を評価する場合の

評価額を計算する際の基準となる価格です。

ここで気になるのは、既にご承知とおり、

本年平成27年から相続税の大改正の影響です。

本年平成27年に亡くなられた方のご家族にとっては

「我が家は相続税の対象となるのか?」

という不安を抱えておられる方も大変多いのではないでしょうか。

そのようなご家族に路線価の見方を記載してみましてので、

ぜひご活用ください。

なお、相続に関して不安なことなどがございましたら、

相続相談サロンへお気軽にご相談ください。

https://jtla.jp/salon/

 

  路線価の見方  

路線価は国税庁のホームページに掲載されていまして

東京国税局管内の 東京、千葉、神奈川、山梨の1都3県はもとより、

全国の路線価を見ることができます。

その路線価を見る方法には 大きく分けて次の二つの方法があります。

自宅のパソコンやスマートフォンなどで見る方法。
  http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h27/index.htm

② 税務署に出向き、備え付けのパソコンで見るか、職員に直接聞く方法。

ちなみに、電話による対応はしておりませんので気を付けてくださいね。

 

  路線価による計算方法  

路線価図に表示されている数字は、 1㎡当たりの価格で、

単位が千円となっています。

従いまして、例えば路線価が「200」と表示されている場合は、

1㎡当たり200,000円ということになりますので、

評価したい土地の面積が165㎡の場合であれば、

165㎡ × 200,000円 = 33,000,000円

の評価額となる訳です。

この評価額の計算を行う場合、

よく坪による面積に3.3を掛けて計算する方がいらっしゃいますが、

必ず権利書あるいは固定資産税評価証明書などに記載されている

㎡表示の面積で計算するようにしましょう。

路線価が高い地域や面積が広大な場合、

評価額に影響しますので気をつけたいことですね。

相続税の対象となるのかどうかを知るための
「申告要否の簡易判定シート」
http://www.nta.go.jp/souzoku-tokushu/souzok-kanihanteih27.pdf

 

なお、正確に評価を行いたいとお考えの方は、

税理士かもしくは税務署に相談することをお勧めします。

▲▲ ┌──┐ ▲▲ / ̄\/ ̄\ ▲▲ ▲▲
┃┃ │田田│ ┃┃ │田││田│ ┃┃ ┃┃

相続相談サロンをお気軽にご利用下さい。
https://jtla.jp/salon/

相続税相談、相続税対策、相続に強い税理士をお探しの時は
本サイトのお問い合わせフォームで
お気軽にご連絡下さい。
https://jtla.jp/mailto/

—————————————————–
JTLA
株式会社日本租税法アカデミー
—————————————————–
相続税相談、相続税対策、相続に強い税理士紹介のJTLA


2015年7月1日