JTLA認定相続相談員養成講座

お客様に感謝され、信頼される相続のアドバイスが出来ますか?
『相続の知識』にミガキをかけて営業力をアップ!

動画 プレゼント中!

相続実務40年以上の松井敬二税理士の対談動画

『生保の外交員さんに知って頂きたい”相続対策で一番大切なこと”』
のご視聴はこちらから!

  • 無料動画を視聴します

※ご入力頂きましたメールアドレス宛に届くメール記載のリンクから動画をご覧下さい。
※入力されたメールアドレスはプライバシーポリシーを遵守して管理致します。
※相続に関する各種情報をメールでお送り致します。
※弊社からのメール送信はいつでも解除頂けます。

お客様に感謝される相続のアドバイスが出来ますか?

2015年の相続税法の大きな改正を機に相続への関心が高まっています。
相続の専門家としては税理士、弁護士、司法書士、行政書士などの国家資格の専門家がいますが、一般の方が相談をするには敷居が高いようです。

相続対策は事前の準備、対策が大切なのですが、現実は相続が発生してから、もしくは相続発生の直前に行われることがほとんどです。

事前に相談をしようという思いがあっても、一般の方は誰に相談したらよいのか分かりません。税理士や弁護士に知り合いがいる人も少なく、最近は相続の相談を行っている窓口もありますが、なかなか足を運べないようです。

相続の相談ではご自身やご家族の事情を話すことにもなりますので、たとえ相手が専門家であっても、初対面でそのような話をするのは思うところがあって当然でしょう。

このような状況下、相続の相談を生命保険の営業の方にすることが結構多いようです。
普段から会う機会も多く、生命保険という専門分野のプロには相談がしやすいのでしょう。

これは相続に強い税理士が、生命保険の外交員さんから質問、相談を受けることが多いことから分かったことです。

お客様から相談や質問を受けたとき、他の専門家からは聞くことの出来ない適切なアドバイスが出来れば、感謝され、信頼され、ビジネスの結果に結び付いてくることも多いようです。

問題はこの適切なアドバイスです。

あなたの相続の知識、間違えてはいませんか?

ご存知の通り相続に関する情報が氾濫しています。
テレビや書籍、雑誌、そしてネットで言われている情報には正しくないものがたくさんあります。

そして、それを鵜のみにしてしまう一般の方が多くいらっしゃいます。
実は税理士などの専門家の中にも誤った認識を持たれている方は結構多いのです。

例えば、以下の話しをよく聞きませんか?
・『配偶者の税額軽減特例』は使うべきではない。
・毎年110万の暦年贈与で相続税対策。
・毎年111万の贈与を行い、申告書を提出して贈与の否認を避ける。

これらの解説を読むと「なるほど」と思い、その通りだと納得してまう人が多いのです。
しかし相続というものは人によって、ご家族によって、条件、環境が異なるものです。
あるご家族にとっては有効な対策も、あるご家族にとっては有効ではない、さらには逆効果になってしまうこともあるのです。

相続は特殊な、そして奥の深い分野です。
単に法律、制度を理解しただけでアドバイスができるようなものではありません。

しかし相続の制度しか知らないで相談に応じている方は結構多いものです。
自称「相続の専門家」に相談をして失敗した事例もたくさんあるのです。

相続コンサルタントとしてのもう一つの顔を持つ

このような状況下で他の専門家からは聞けないような相続のアドバイスを受けることが出来たら、あなたはお客様から大きく信頼されることでしょう。

生命保険は「もしも」の時に備えるものですが、その「もしも」の時は相続の開始の時でもあります。
生命保険の相談は、相続の事前相談、コンサルティングそのものです。
生保外交員さんこそ、相続のコンサルタントであるべきなのです。

しかし問題は、そのような力をどのようにしたらつけることが出来るかです。
多くの事例、特に失敗事例を知ることが一番ですが、それには長い年月も労力もかかり難しいことです。

堀江貴文さんが「寿司屋の修行なんて意味がない」と言って大炎上したことがあります。
この発言に対しての賛否はあると思います。
しかし、ビジネスにおいて効率が重要なのは確かです。

同じことをマスター出来るなら、短期間で効率よくマスターした方がよいと思いませんか?

その方法を知りたい方はこちらから、プレゼント動画「相続対策で一番大切なこと」のご視聴を!
9月25日期限の大切な情報も掲載しています。お見逃しなく!

動画の閲覧、講座の内容はこちらから。

  • 無料動画を視聴します

※ご入力頂きましたメールアドレス宛に届くメール記載のリンクから動画をご覧下さい。
※入力されたメールアドレスはプライバシーポリシーを遵守して管理致します。
※相続に関する各種情報をメールでお送り致します。
※弊社からのメール送信はいつでも解除頂けます。

JTLA認定相続相談員養成講座 ご推薦の言葉

  • 永井和夫 様

    株式会社エイワ・ハートフルサービス 代表取締役
    元茨城県警察本部長(警察庁OB)

    4年ほど前から、高齢者が犠牲となる詐欺や事故に義憤を感じ、少しでもこれらを減らそうと、高齢者の頼れる相談相手になるための事業を興しました。

    事業を推進する過程で、高齢者が困っているのはこうした事件事故だけでなく、遺品整理、骨董品の処分、中でも老い先を見据えた遺産相続の問題が大きな比重を占めていることを知りました。

    当社は当時2ヶ月に一度、高齢者相手のセミナーを開催し、困りごと相談などを受けていました。
    そうした中、ある方のご紹介で東京国税局に40年間勤務し、そのうち相続・贈与の実務37年の経験を持つ松井敬二税理士を講師として招へいし、2回にわたって講演をしていただきました。

    当初は1回だけの予定でしたが、参加者が是非もう一度聴講したいとのアンコールがあり、『間違えだらけの相続対策』『やっておきたい相続対策』の演題で大変貴重な講演をいただきました。

    特にセミナー参加者の中へマイクも持たずに割って入り、情熱あふれる語り口で出席者全員が感銘を受けました。
    印象が強かったのは、その道一筋でやって来た「相続」関係は現場に根ざした各論的な話ばかり。
    何をどうするかということに直接スポットを当てた実務に即した話であり、集まった高齢者の皆さんに多くのファンをつくりだしたのです。

    私の家内などは、松井先生の指導する「生前贈与は渡す気があれば、その都度その都度渡すこと」を以後忠実に守り、今では子供や孫(11人)から多大な感謝をされています。

    松井先生の熱血セミナーは、今では参加者の語り草になっています。理解力が乏しくなった高齢者に相続について納得のいくような話は、多くの人々に是非聴いてもらいたいと思っています。
    今回、相続の相談員を育成する動画セミナーを始めるということを聞き、ひとこと推薦の言葉を送り、激励したく思います。

  • 坂口岳洋 様

    株式会社和食人材プラットフォーム 代表取締役
    元衆議院議員

    相続は事前の相談が大切とはよく聞く言葉ですが、誰に相談をしたらよいのかは分からないものです。

    この度、国税当局で相続実務、相続相談に37年間携わってきた松井敬二税理士が相続相談員の養成講座を始めることを知りました。

    相続問題に精通してる税理士が大変少ないことを私も実感しています。松井税理士は数えきれない程の相続の事例、問題を知り尽くしている税理士です。

    以前、ビジネスで海外に居住する知人が、後々の相続のことであるコンサルタントに多額のフィーを払って相談をしていました。しかし数か月経っても回答を得られない状況でした。
    そこで松井税理士に相談したところ、その場で納得出来る回答を得ることが出来ました。これが本当の専門家です

    松井税理士から相続のエッセンスを伝授してもらえば、短期間で相続の適切なアドバイスが出来るようになることでしょう。
    この講座で学んだ方々が、相続のよきアドバイザーとしてご活躍されることに期待しております。

  • G.Y.様

    相続コンサルタント

    マイナス金利、低金利時代ということもあり、相続税対策として不動産投資が多く行われていますが、不動産以外の相続税対策としては生命保険が重要である思います。

    相続はTV、新聞、雑誌で数多く取り上げられているため多くの人に知られています。

    しかし皆さん条文に書かれている程度の知識を持っているだけなので、それでは不十分。落とし穴にはまる人も出ています。

    私は相続について複数のテキストから学びました。民間資格の講座も受講して資格も取得しました。しかし制度に関する知識がその大半を占めていました。

    今回、制作中の「相続相談員養成講座」の動画を視聴する機会に恵まれました。

    必要な制度の知識はもちろん、相続を知り尽くしている専門家ならではの視点で、普通のテキストにはほとんど書かれていない事例、落とし穴となる問題点も学ぶことが出来ました。

    短時間で貴重な知識、情報を手に入れることができました。

    動画は、テーマごとに短く編集されているために集中でき、分かり易く、相続を扱う人達にとって良い助けになると確信しております。

特定商取引法に関する表示 | プライバシーポリシー
JTLA 株式会社日本租税法アカデミー
東京都中央区日本橋人形町2-15-3 人形町藤和ビル2F
TEL:03ー3527-3557  HP:http://jtla.jp