生保外交員向け相続相談員講座
一般の方へ 相続相談

メインメニュー
HOME ブログ

ブログ

生命保険 相続とマーケティング


今日の埼玉は青空でした!

JTLAの石井です。

私の専門はITとマーケティングです。

相続、相続税の専門分野は国税OBの松井税理士が担当しています。

 

相続の世界を色々経験し、
相続のプロが少ないことに驚いています。

 

一般の方は相続の相談をしたくても
誰にしたらよいのか分からない状況だと思います。

 

生命保険というものがあります。
生命保険は相続対策に有効な商品です。

 

例えば、遺産分割が決まっていなくても、短期間のうちに保険金としてキャッシュが手に入る。

預金はすぐに凍結されてしまいます。
遺産分割が決定するまでですが。

 

そんな生保の営業職であれば、
相続のアドバイスをする機会がたくさんあります。

 

アドバイスを通してお客様の信用を得れば、
契約に結び付くことも多いはずなのですが。

 

しかし、そんな有利なことでも、やらない方が多いですね。
マーケティング的にはもったいない話です!
JTLAでは準備万端でお待ちしております(笑

 

相続アドバイス実践会のご案内は、こちらから!
https://jtla.jp/s/con-01


2017年11月19日


相続ワンポイント解説


急に寒くなったり、
台風が来たりの今日この頃です。

インフルエンザも流行っています。
お気をつけください。

JTLA石井です。

先ほどある税理士法人のWebサイトを見ていました。

書いてあることに疑問を持ち、

松井税税理士に確認をしてみました。

 

答えは「問題ありますね」でした。

有名な税理士法人です。

ここで名前を出したりはしませんけどね。

 

相続については本当に情報が氾濫しています。

どの情報を信用してよいのか分からず困りますね。

 

相続は一生のうちで何度も経験するものではありません。

ただ、一度は経験する人が多いと思います。

深く勉強をする必要はないと思いますが、

少しだけ知識を持ち、

事前対策をしておくべきかは考えた方がよいですね。

 

JTLAでは、松井税理士の
『相続のワンポイント解説』
『相続情報』
のメールマガジンを発行しています。

ご興味のある方は一度読んでみて下さい。
いつでも解除可能ですので。
 ↓ ↓
メルマガ購読はこちらから!

 

よい週末をお過ごしください。

 


2017年10月27日


相続対策の俗説


台風がまた来るようですね。
被害がなければよいのですが。

JTLA石井です!

 

飲み屋やレストランで
隣のテーブルで相続の話をしていると
つい耳に入ってしまいます。

 

先日も
「生前贈与は贈与と認められないことがる」
「そのために、少しだけ贈与税がかかるようにして
 贈与税の申告書を提出すればいいんだよ」

の会話が!

 

それを聞いていた人は
「なるほど!」
と皆さん納得($・・)/~~~

 

暦年贈与の実態が伴っていなければ、
これ、完璧にあり得ない話しなのですが、
テレビや有名な雑誌等にも載っている「策」なんですよね。

 

 

どこの誰が言い出したのでしょうね。

・テレビで言っていたから
・信頼できそうな雑誌に載っていたから
・〇〇士の先生が言っていたから

といって、信用してしまうのは危険です!

 

何事も正しい情報を見極めないといけませんね。
難しいことなのですが。

相続対策の俗説をズバリ解説しているメールマガジンを発行しています。
生命保険の営業さん向けなのですが、
相続に少しでもかかわる方には役にたつ情報満載です。

購読はこちらから!
 ↓  ↓
https://jtla.jp/s/con-01


2017年10月26日


« 前のページ